ライフケアナビ

~あなたの生活をより豊かにするために~

ドライアイに目薬を使わずにケアをする7つのポイント

| 0件のコメント

ドライアイに目薬を使わずにケアをする7つのポイントドライアイになると、目の痛みをとるためにドライアイ用の目薬に頼ってしまいがちですよね。目薬をさすだけで、目が潤い清涼感の得られる目薬ですが、実は目薬では一時的に目の表面に水分を与えるだけでドライアイの根本的な改善にはつながりません。目薬で水分を補うために、かえって涙が出にくくなりドライアイが進行してしまいます。

それだけでなく、目薬に含まれる防腐剤が目の病気や視力低下を引き起こすことも。つまり、ドライアイを治すためには、目薬をなるべく使用せず、涙の分泌を促す訓練を行うことが大切なのです。

ここでは、ドライアイに目薬を使わずにケアをする7つのポイントをお伝えします。



 

ドライアイに目薬を使わずにケアをする7つのポイント

 

ポイント①まばたきをする


まばたきをすると涙が分泌されるので、ドライアイを解消することができます。逆にいえば、ドライアイになるということは、まばたきをしていないということです。

まばたきを意識的にするためには以下3点が効果的です。

■パソコンやテレビの画面を凝視しない
■気づいた時に数回まばたきをする
■まぶたにぎゅっと力を入れて、目をつぶる

ドライアイの方は、まばたきをする回数が減っています。なので、気づいた時には多めにまばたきをしましょう。
こうすることで、より涙の分泌を促すことができます。意識的にまばたきをし、涙で目をしっかり潤しましょう。

 

ポイント②定期的に目を休ませる


パソコンやテレビの画面を長時間見続けるときには、1時間に1回、10分は目を休ませましょう。

目を休ませるためには以下3点が効果的です。

■画面から目を離す。
■目を閉じる
■遠くの風景を眺める

特に目を閉じると、目からの水分蒸発が防げるほか、涙も分泌されるので、ドライアイが解消します。

 

ポイント③画面の高さを下げる


パソコンやテレビの画面が目の高さよりも高い位置にあると、画面を見るために目を見開くことになり、ドライアイが進行してしまいます。パソコンやテレビの画面は目線と同じか目線よりもも少し低くしましょう。

 

ポイント④蒸しタオルで目を温めましょう


蒸しタオルで目を温めることで、目の周りの血行がよくなり、ドライアイを改善することができます。また、蒸しタオルの蒸気が目に潤いを与えてくれるので、ドライアイの目を楽にすることができますよ。

次の方法で、蒸しタオルを使ってください。

■目を軽く閉じ、まぶたの上に蒸しタオルをのせる
■5~10分間、蒸しタオルで目を温める
■蒸しタオルを外したら、目元用のクリームで目の周りをケアする

蒸しタオルの温度や水分量に気を付けましょう。温度が高すぎたり、タオルがびしょびしょだと目がやけどしてしまいますよ。

 

ポイント⑤マッサージで目の血行をよくしましょう


目の周りをマッサージすることで、血行がよくなりドライアイが和らぎます。

次の方法で、目の周りのマッサージを指で行います。

■親指を除く4本の指で目の周りをトントンと叩く
■目の周りをタッピングし、最後にこめかみを5回叩く

まぶただけでなく、目の下のタッピングも忘れないでくださいね。マッサージをする間は、体から力を抜きリラックスした気持ちを保ちましょう。

 

ポイント⑥加湿器で部屋全体の湿度をあげましょう


空気が乾燥していると、ドライアイが進行してしまいます。部屋全体の湿度を上げて、ドライアイの進行を防ぎましょう。加湿器を使うと、部屋全体の湿度を上げることができますよ。大きな加湿器を置けないときには、デスク用の小型のものでもOK、顔に向かって蒸気が出るように向きを調節してください。美容用のスチーマーもおすすめです。

 

ポイント⑦コンタクトレンズではなくメガネを使用しましょう。


ドライアイのときには、コンタクトレンズではなくメガネを使用しましょう。特にソフトコンタクトレンズはドライアイになりやすいです。目が痛いときには無理をせず眼鏡を使用し、ドライアイが治ったらコンタクトレンズに戻るとよいですよ。また、仕事中やパソコンを操作するときはメガネ、通勤中はコンタクトレンズというようにシーンによって使い分けるのもおすすめです。

 

いかがでしたか?

以上が、ドライアイに目薬を使わずにケアをする7つのポイントです。ドライアイの方は、上記の方法で涙の分泌量を増やす訓練をしましょう。ドライアイのケアは、毎日行うことが大切です。一日のなかで、目を休ませたり、まばたきやマッサージを意識して行う時間・タイミングをきちんと決め、定期的に行ってください。

また、パソコンやテレビの画面を見る時間自体を短くすることもドライアイの改善に効果的です。特に、最近ではスマホの利用時間が増えていますよね。時間があいたら無意識のうちにスマホを手に取ってしまうという方、意識してスマホを操作しないようにしてください。スマホの画面を見るかわりに、窓から町並みや山、海を眺めることで目を休めドライアイを防ぐことができますよ。

 

まとめ

ドライアイに目薬を使わずにケアをする7つのポイント

・ ポイント①まばたきをする
・ ポイント②定期的に目を休ませる
・ ポイント③画面の高さを下げる
・ ポイント④蒸しタオルで目を温めましょう
・ ポイント⑤マッサージで目の血行をよくしましょう
・ ポイント⑥加湿器で部屋全体の湿度をあげましょう
・ ポイント⑦コンタクトレンズではなくメガネを使用しましょう。


コメントを残す

Required fields are marked *.