ライフケアナビ

~あなたの生活をより豊かにするために~

【一晩でスッキリ】ものもらいの治し方!簡単な5ステップ

| 0件のコメント

ものもらいを一晩でスッキリ和らげる簡単な5ステップある日いきなり、まぶたの裏がゴロゴロとしたり、目が充血・まぶたが腫れるなどの症状を引き起こすものものらい。眼病の中でも一番身近な病気ですよね。人によっては、半ば癖になってしまっている方もいます。このものもらい、自然に治癒することもありますが、基本的にはきちんとケアしないと症状が重くなったり完治までが長引いてしまいます。

痛みはもちろん、目の充血やまぶたの腫れはなるべく早く治してしまいたいですよね。ここでは、ものもらいを一晩でスッキリ和らげるものもらいの治し方をお伝えします。このものもらいの治し方を行えば、目の充血やまぶたの腫れなどの症状が和らぐのはもちろん、ものもらいの治癒もできますよ。ぜひ試してみてください。



 

【一晩でスッキリ】ものもらいの治し方!簡単な5ステップ

 

初期のものもらいは患部を冷やしましょう


できたばかりのものもらいでは、患部を温めると菌が繁殖し、治りにくくなります。初期のものもらいは患部を冷やしましょう。患部の冷やすときには、以下の方法がオススメです。

■水に浸し絞ったハンカチをまぶたにのせる
■冷却作用のある軟膏をまぶたに塗る

軟膏は眼・まぶた用のものを使用してください。また、ハンカチで患部を冷やすとき、患部がよく冷えるようにと、ハンカチで患部をこすったり強く押したりしてはいけません。顔を上に向け、目の上にハンカチを置くだけで十分です。

 

目を清潔にしましょう


ものもらいでは目を清潔にすることが大切です。目を清潔に保つためには以下の方法がオススメです。

■素手で目を触らない
■精製水で目を洗う
■目・まぶた用の洗浄液で目を洗う

 

患部をあたためましょう


初期以降のものものらい、または一度冷やした後の患部はあたためます。ものもらいの患部をあたためるときには、温水湿布を使用します。方法は次の通りです。

■布巾やハンカチなど清潔な布を温水に浸、絞る
■温水湿布を当てる前に、目を洗う
目の洗い方は前の項目を参考にしてください。

■目を軽く閉じ、温水湿布を患部に当てる
このとき、温水湿布で患部をこすったり強く押したりしてはいけません。

■10分ほど患部をあたためたら、温水湿布を外し、もう一度目を洗う

目の周りや患部をあたためることで、血行がよくなりものもらいの治りが早くなります。また、ものもらいを針でつぶすのはNG、ものもらいの患部は触らないようにしましょう。

 

睡眠をしっかりとりましょう


上記の3つの方法を行ったら、あとは目を休めましょう。ものもらいの治癒は睡眠中に進みます。夜遅くまで起きて睡眠時間が短くなると、目がものもらいを治す時間がなくなってしまいますよ。ものもらいができた夜は、早めに布団に入り、7時間以上の睡眠をとりましょう。布団に入る前に、布団のシーツや枕カバーを清潔なものに換えてください。雑菌のついたシーツで寝ると、ものもらいが進行したり、新しいものもらいに感染してしまいます。

 

ものもらい専用の目薬をさしましょう


なかなか治らないものもらいや、どうしても一晩で治したいものもらいには、ものもらい専用の目薬をさしましょう。ものもらい専用の目薬はドラッグストアで購入することができますが、できれば、眼科で処方されたものを使ってください。目薬をさすときは、目薬の口が目や患部に当たらないように注意しましょう。患部に当たると、目薬の口に菌がついてしまい、次に使用したとき、ものもらいを治すどころかものもらいの菌を目に入れてしまうことになりますよ。また、ものもらい専用の目薬の他の人との共用はNGです。必ず、自分専用の目薬を用意してください。

 

いかがでしたか?

以上が、一晩でスッキリ和らげるものもらいの簡単な治し方についてでした。ものもらいになったら、「目を清潔にする」「患部をあたためる」の2つをまず行ってください。この2つでものもらいの症状はだいぶ和らぎますよ。この2つだけでは治らない頑固なものもらいには、ものもらい専用の目薬を使います。

目薬を使用するときは、お医者さんの指示に従い、使用方法を守って使いましょう。また、目薬には使用期限もあります。一度開封した目薬は、そのときのものもらいが治るまで使い、ものもらいが治ったら捨ててしまいましょう。次回のものもらいまで保管するのはNGです。一回分の使用量ずつ密封されたタイプの目薬だと、毎回清潔に目薬を使用することができるのでおすすめです。

ものもらいが半ば癖になってしまっている方、目の外敵を防ぐ力が低下しています。目を清潔に保ち、目の潤いをキープしましょう。コンタクトレンズは目に様々な雑菌をもたらします。ものもらいになりやすい方は、コンタクトレンズの使用は控えた方がよいですよ。

コンタクトレンズを使用した後は、洗浄液で目をしっかり洗ってください。ドライアイも目の抵抗力を弱めてしまいます。まばたきをしたり目を定期的に休めるといった目のケアを行い、目の水分量を保つようにしましょう。

 

まとめ

ものもらいを一晩でスッキリ和らげる簡単な5ステップ

・ 初期のものもらいは患部を冷やしましょう
・ 目を清潔にしましょう
・ 患部をあたためましょう
・ 睡眠をしっかりとりましょう
・ ものもらい専用の目薬をさしましょう


コメントを残す

Required fields are marked *.