ライフケアナビ

~あなたの生活をより豊かにするために~

スクラブ洗顔を安全に使う方法と絶対にNGな危険行為

| 0件のコメント

スクラブ洗顔を安全に使う方法と絶対にNGな危険行為

スクラブ洗顔料は、ザラザラした細かい粒子がお肌をこすり、お肌の表面の角質や皮脂を取り除きます。

このため、ふつうの洗顔よりも皮脂や汚れをよく落とすことができ、正しく使えばお肌を柔らかく、明るくしてくれます。しかし、スクラブ洗顔料の微粒子はお肌に刺激を与えるため、注意して使わないと危険です。

例えば、使いすぎるとお肌に負担をかけてしまいゴシゴシこすって洗顔をすることでかえってお肌が傷ついて危険です。また、スクラブ洗顔で汚れが落ち切ると、お肌のバリア機能が低下します。

このため、水分が蒸発しやすくなって乾燥します。また水分が蒸発しないようにお肌の皮脂が分泌過剰になると、毛穴が詰まりやすくなるなど、逆効果になることもあります。

ここでは、スクラブ洗顔の安全な使い方と、絶対にNGな危険行為について説明します。



 

スクラブ洗顔を安全に使う方法と絶対にNGな危険行為

 

スクラブ洗顔は使いすぎない


スクラブ洗顔は、ザラザラした細かい粒子が含まれた洗顔料で顔を洗うので、使い方を間違えてしまうと危険な洗顔方法になってしまいます。

しかし正しい使用方法ができれば高い美容効果が得られるスキンケアです。スクラブ洗顔を安全に使う方法の第1は、使いすぎず週1回か2回程度にとどめることです。これによって、皮脂を取り過ぎたり過剰に分泌させることを防いで、ニキビなどお肌のトラブルの心配もなくなります。

また、週1〜2回程度であれば、お肌が本来持っているバリア機能を壊すことがなく、スクラブ洗顔の持つ特徴を最大限活かすことができます。さらに、お肌のターンオーバーが正常になってくると、スクラブ洗顔でお肌をこする必要がなくなってきます。その段階ではさらにスクラブ洗顔を使う頻度を抑えていくことが大切です。

スクラブ洗顔の効果を求めるあまり、頼り過ぎたり使いすぎたりすることによってお肌が本来持っている再生機能を弱めてしまわないように、自分のお肌とよく相談しながら安全に使いましょう。

 

スクラブ洗顔はしっかり泡立てる


スクラブ洗顔料の特徴は、毛穴の奥に届くほど小さい粒子が含まれていることです。その小さい粒子の効果で、大量の泡を立てることによってふつうの洗顔では落とすことのできないような角質を取り除くことができます。

きめ細かい泡がお肌にやさしく作用して、危険な刺激をお肌に与えることなく、毛穴の黒ずみなどをケアできることが、スクラブ洗顔の最大のメリットです。そこで、スクラブ洗顔をする時にはしっかり泡を立てて洗顔することが大切です。

いつもの洗顔料を使う時よりもこの点に注意して危険を避けるとともに、しっかり泡立てるためにはネットなどを必ず使うようにしましょう。そして、お肌をそっと包み込むような感じで洗顔することが大切です。

 

スクラブを毛穴に残さない


スクラブ洗顔料は、きめ細かい粒子のはたらきによってお肌の汚れを取り、美顔効果を持つものですが、一方できちんと使わないとスクラブの細かい粒子が毛穴に残ってしまい、お肌のトラブルの原因になります。スクラブ洗顔はニキビ対策にも効果があるものですが、これは粒子が小さい毛穴の中にまで入り込んで脂分を適度に洗い流し、ニキビの原因を抑えてくれるためです。

ところが、粒子がお肌に残ってしまうと、反対にニキビやお肌の炎症の原因となったり、色素沈着につながったりする可能性があります。スクラブ洗顔をする時は、じっくり時間をかけてていねいに洗い流し、スクラブを毛穴に残さないようにしましょう。

 

保湿ケアをしっかりと


ふつうの洗顔でも、洗った後はお肌がとても敏感になっています。そこでお肌を守るために保湿がスキンケアでは一番大切なことはご存じですね。

中でもスクラブ洗顔は汚れを落とす効果が特に高い反面、お肌への刺激も強いため保湿をしっかりしましょう。また、スクラブ洗顔によってお肌の汚れが落ち切った状態になると、お肌のバリアーが薄くなるので水分が蒸発しやすくなります。このためお肌は乾燥しやすくなり、水分が蒸発するのを防ごうとして皮脂の分泌が過剰になって毛穴が詰まる可能性があります。

そこで、スクラブ洗顔をした後は、通常の洗顔よりもしっかりとした保湿ケアをしておくことが、特に大切になります。

 

スクラブ洗顔の危険なNG行為


お肌の汚れを取るために効果の高いスクラブ洗顔ですが、使い方を間違ったり、適した状態でないお肌の人が使うと危険なことがあります。そこで、スクラブ洗顔を使うのは危険な場合について説明します。

第1に、敏感肌の場合はスクラブ洗顔は危険です。お肌の角質を取り除くスクラブ洗顔は、一般の洗顔料よりも、お肌への負担が大きいものです。スクラブ洗顔料の強い洗浄力で、お肌に必要な油脂分まで落としてしまうとお肌が乾燥する原因になります。そこで、ふだんから敏感肌の方や、お肌のコンディションで化粧水がしみるような場合にスクラブ洗顔料を使うのは危険です。

第2に、お肌の感想が気になっている時にもスクラブ洗顔は危険です。スクラブ洗顔の特徴は、一般の洗顔料よりも強くお肌の油脂分を洗い流すことです。このためスクラブ洗顔ではお肌がより乾燥します。もともとお肌が乾燥している時は、お肌が傷んで肌荒れなどを起こしやすい時ですので、スクラブ洗顔によるお肌への過剰な負担は逆効果になり危険です。

第3に、スクラブ洗顔料を使ってお肌をゴシゴシ洗ってはいけません。スクラブ洗顔料の粒子を肌に強くこすりつけて摩擦の力を強めると、簡単にお肌に傷がついてしまうので大変危険です。洗浄効果を高めるために、強くこすればいいいという訳ではありません。それでは逆にお肌を傷つけて、乾燥、肌荒れ、シミなどの原因となります。指先を使ってお肌をやさしくマッサージするのがスクラブ洗顔の正しい方法です。

第4に、使いすぎは危険です。スクラブ洗顔料をあまり使い過ぎると、お肌に必要な油脂分まで落としてしまうため、お肌が乾燥したり、その他お肌のトラブルを起こしやすくなったりします。また、使い過ぎるとお肌の「バリア機能」を損ねて大変危険です。お肌の表面には、薄い角質層があり、外部の刺激からお肌を守ると同時にお肌の内部の水分を保ってくれています。スクラブ洗顔をし過ぎると、こうした角質や油分まで洗い流してしまうので、バリア機能が働かなくなってしまいます。

 

いかがでしたか?

正しい使い方でも説明しましたが、スクラブ洗顔は毎日行うものではありません。自分が使うスクラブ洗顔料の使用方法をよく読んで、正しい使い方を適度な使用頻度を守りましょう。

 

まとめ

スクラブ洗顔を安全に使う方法と絶対にNGな危険行為

・ スクラブ洗顔は使いすぎない
・ スクラブ洗顔はしっかり泡立てる
・ スクラブを毛穴に残さない
・ 保湿ケアをしっかりと
・ スクラブ洗顔の危険なNG行為


コメントを残す

Required fields are marked *.