ライフケアナビ

~あなたの生活をより豊かにするために~

口臭は舌の汚れが原因!舌をキレイにする簡単な4ステップ

| 0件のコメント

口臭は舌の汚れが原因!舌をキレイにする簡単な4ステップ毎日歯磨きをしているのに口臭が改善されずに悩んではいませんか?その原因はもしかすると舌の汚れが原因かもしれません。

鏡で舌を見てみると白い茎のようなものがたくさん付着していればその可能性は高いでしょう。あまり知られてはいませんが、実は舌の汚れは口臭の原因の約60%ともいわれています。普段あまり汚れをとろうと意識しない箇所ですので、見逃しがちな部分ですよね。舌の汚れをとることであなたの口臭は大幅に改善されるかもしれないのでこの機会に舌の掃除をしてみましょう。

ただし、気を付けなければならないのは、舌は非常に繊細で傷つきやすい個所であるということです。歯ブラシで強くこする等して舌の汚れを落とそうとするのはオススメできません。舌の表面にある味覚センサーを傷つけないように正しい舌の汚れの掃除方法をご紹介します。



 

口臭は舌の汚れが原因!
舌をキレイにする簡単な4ステップ

 

舌の汚れは舌クリーナーで掃除する


舌の汚れの掃除は歯ブラシで行うべきではありません。舌の表面には食べ物等の味を感じる味蕾細胞があります。歯ブラシで舌を磨くと、舌を必要以上に傷つけてしまい、味蕾細胞を破壊してしまいます。

また、舌の汚れを必要以上に掃除してしまうと、余計に舌の汚れが溜まりやすくなってしまい、かえって口腔内の最近を増やすこととなり口臭を悪化させてしまう可能性があります。舌クリーナーを使って汚れをとることで、舌の損傷を防ぎますし、正しく使用すれば嘔吐反射も大幅に軽減することが出来ます。

何より歯ブラシ等で掃除するよりも舌の汚れをしっかりととることが出来るので専用の舌クリーナーを使用しましょう。

 

舌の汚れを掃除するタイミングは朝が一番


舌の汚れの正体は舌苔と呼ばれるものですが、この舌苔は朝が一番多く発生しています。寝起きに自分で口臭に気付く時も多いかと思いますが、その口臭の原因の一つに舌苔があります。

何故朝に一番舌苔が多いのかというと、就寝時は舌があまり動かず、汚れを洗い流す作用をしている唾液の分泌量が低下することが原因と言われています。朝の口のネバつき等も就寝時の口腔内状態が原因です。

効率よく口臭を予防するためにも舌の汚れを掃除する際は、朝行うようにしましょう。また、歯磨きの後ではなく歯磨きの前に舌掃除をするとより効果的に舌の汚れを除去することができ、口臭予防になります。

 

舌クリーナーを優しくあてて掃除する


舌は非常に繊細な人体の器官です。例え舌クリーナーで掃除をしても強い力でゴシゴシと擦ってしまっては舌の表面を傷つけてしまいます。

舌の汚れをとる際には出来るだけ優しく、舌の表面を撫でるようなイメージで掃除を行うようにしましょう。また、軽い力で掃除をしたとしても、同じ箇所を何往復もするような掃除方法はよくありません。同じように舌を傷つけてしまう恐れがあります。

舌クリーナーを使って舌の汚れをとる際には、クリーナーを軽く下に当て、奥から手前に引くように2~3回程舌の表面の汚れをとるようにして下さい。全ての舌苔を除去する必要も無いので、あまり神経質にならないようにしましょう。

 

舌の汚れは数日に一度掃除を行う


一度の掃除で全ての舌苔を取ろうとするのではなく、数日かけて掃除するくらいで問題ありません。前述したように、舌とう器官は非常に繊細で傷つきやすい器官です。ある程度の掃除は必要ですが、毎日掃除してしまっては舌苔を取り過ぎてしまいますし、必要以上に舌の表面を傷つけてしまいます。

目立った汚れがある場合や、口臭が酷い場合等の場合は一定期間に限り毎日掃除をしても大丈夫ですが、舌の汚れが落ち着いてきたのでしたら数日に一度の掃除に留めておくようにして下さい。健康な舌には多少の舌苔がついています。舌の後ろの部分が少し白く、前半分が白いという状態はとても健康な舌の状態なので舌の掃除は必要はありません。

 

いかがでしたか?

舌の汚れの取り方はわかりましたか?舌は目に見える部分ではありますが、内臓器官と同じような働きをしており、非常に繊細で敏感な箇所です。強い刺激を加え続けると、口臭の悪化だけではなく最悪なケースでは癌化する可能性もあるといわれています。

専用の舌クリーナーを使い、優しく汚れをとってあげてくだささい。また舌の汚れをとることで、口臭以外にもインフルエンザの予防や誤嚥性肺炎の予防にもつながるという研究結果も出ていますし、舌の色を見ることで健康状態を図るバロメーターになることもあります。特に胃の状態と舌の色とは密接に関係しているので舌の汚れを掃除する前に鏡で状態の確認をするようにして下さい。

舌の色が黄色い場合や黒い場合は一度病院で検査を受けていただくといいかもしれません。口腔内機能を正常に保つということは健康維持にとっても重要な働きを担っているのです。口臭に悩まされている方はもちろん、そうでない方も舌の汚れは定期的に除去するよう習慣がけるようにしましょう。

 

まとめ

口臭は舌の汚れが原因!舌をキレイにする簡単な4ステップ

・ 舌の汚れは舌クリーナーで掃除する
・ 舌の汚れを掃除するタイミングは朝が一番
・ 舌クリーナーを優しくあてて掃除する
・ 舌の汚れは数日に一度掃除を行う


コメントを残す

Required fields are marked *.