ライフケアナビ

~あなたの生活をより豊かにするために~

歯が茶色い人は嫌われる!好感度を上げる簡単な5つの方法

| 0件のコメント

歯が茶色い人は嫌われる!好感度を上げる簡単な5つの方法
あなたは自分の笑顔に自信がありますか?

明るい笑顔は相手に好印象をあたえますよね。 特に初対面の人に会うときなど、誰もが最高の「笑顔」を披露して、 第一印象を良くしたいと思うのではないでしょうか。

ところが笑顔は誰でもいつでも素敵であるとは限らないのです。思い出してみてください。会話中に相手の口から茶色い歯が覗いている・・そのことが気になって仕方がなかったという経験はありませんか?

つまり茶色の歯はせっかくの笑顔を台無しにしてしまうのです。そうならないために茶色の歯を白く変えるための5つの方法をご紹介します。



 

歯が茶色い人は嫌われる!
好感度を上げる簡単な5つの方法

 

まず、毎日の歯垢(プラーク)を洗い落としましょう。


私たちが毎日飲んだり食べたりしている間に、口の中の細菌が歯垢をつくりだします。歯垢は徐々に唾液と反応し、石灰化し歯石になります。歯石が歯に付いていると表面がざらつき、色素や汚れがたまりやすくなります。そうして毎日の磨き残しは少しずつ歯を茶色くしていくのです。

よーく観察すると、歯の根もとの方が少し黄色くなっていませんか?また、歯垢は酸を作り出し、歯の表面のエナメル質を溶かします。エナメル質は半透明で、歯に艶をだす大切なものですが、溶けてくると表面に小さな凹凸ができ、艶も失われます。つまり歯垢が黄ばんだ歯の最大の原因になっていることは間違いありません。歯垢が口の中にとどまらないよう、こまめに歯を磨くことがとても大事です。

 

ステイン汚れがないか毎日確認しましょう。


次に黄ばみの原因と考えられるものの一つに、飲み物やタバコによる着色があります。コーヒーや赤ワインなどの飲み物に含まれる茶色い色素はカルシウムや金属イオンとと結合し、ステインとなります。色の付いた飲み物を飲んだ後は、ステインが付着する前に口をゆすいだり、ブラッシングすると効果があります。とは言え、忙しい毎日、気が付いたら歯の裏が茶色になっていたなんてことはよくあります。

ステインは固着すると通常の歯磨き粉で落ちませんので、気が付いたら早めに歯医者さんでクリーニングしましょう。一般的に半年に一度は歯科医院でお手入れをしている方が多いようです。なお、喫煙者の方はタバコに含まれるニコチンやタールはそれ自体が茶色くなるに加え、唾液中のカルシウムなどと結びついて固着する性質がありますので特に注意してください。

 

フッ素でエナメル質を保護&強化します。


毎日のお手入れでプラークとステインの付着を防ぎ、その次に何をすべきでしょうか。それはエナメル質の保護と復活です。歯の美しさ、白さのはエナメル質が持っているものなのです。歯の表面には半透明なエナメル質があり、その下には黄色がかった象牙質があります。歯が茶色く見える人はエナメル質が傷ついてしまっている場合が多いのです。

傷が付く理由はさまざまですが、強い研磨剤の入った歯磨き粉で長年磨いているとエナメル質が薄くなり中の象牙質の色が見えてくるということもあるようです。また加齢によってもエナメル質が薄くなり、象牙質自体の色も濃くなっていくため黄ばんで見えてくるのです。

そこでエナメル質を復活させてくれるのが「フッ素」。フッ素配合の歯磨き粉やジェル、洗口剤を使うことにより歯の表面が保護され、エナメル質の再石灰化が促進されます。フッ素入りの歯磨き粉や洗口剤で歯をコーティングしましょう!

 

ホワイトニングで気分もすっきり!(ホームホワイトニング&オフィスホワイトニング)


毎日お手入れしていても、どうしても黄ばみが気になる・・という方は定期的に歯医者さんでホワイトニングをしてもらうという方法があります。ホワイトニングとは過酸化水素水を使って歯を白くするもので、歯医者さんで全ておこなうもの(オフィスホワイトニング)と一部自宅で行うもの(ホームホワイトニング)があります。

オフィスホワイトニングは歯に専用の薬剤を塗り、レーザーや光を当てて歯を白くする方法が一般的です。ホームホワイトニングは、歯医者さんで個人に合わせてマウスピースを作ってもらい、自宅で1回2時間ほどジェルを流し込んだマウスピースを装着し、時間かけて歯を白くしていく方法です。

ホームホワイトニングは歯の白さを実感するには2週間以上の時間を要しますが、全て歯医者さんで行うより低コストです。なお、これらはどちらも効果や持続性に個人差がありますので専門の歯科医院で相談してください。

 

その日だけ白い歯にしたい…そんなときは歯のマニキュア!


「ホワイトニングをしてみたけどあまり効果がないな・・」「明日、大事なイベントがあるから茶色い歯をなんとかしたい・・」ということもありますよね。そういうときは歯のマニキュアを試してみてください。歯のマニキュアとは樹脂製の塗料によるコーティングです。持続性はありませんが短時間で白くコーティングできます。

方法は2つ。1つ目は歯科医院で行う「ホワイトコート」。この中でも値段によっていろいろな種類があります。2つめは自宅で市販の「歯のマニキュア」を塗るという方法です。どちらも簡単に元に戻すことができ、基本的にはがれやすい性質です。個人の歯の状況に合わせて使用を相談、検討してください。

 

いかがでしたか?

以上、白い歯になるための簡単な5つの方法をご紹介しました。なぜ歯が茶色くなるのか、わかって頂けたでしょうか。誰もが皆、多かれ少なかれ歯の悩みを持っていると思います。(実際に歯科医院が町に溢れていることからも明らかです。)

毎日丁寧に歯磨きしていても歯は年齢とともに茶色くなっていきます。最近ではいろいろなエイジングケアが紹介されていますが、歯は年齢が表れやすいもので、最初にとりくむべきところであると言えます。「まあ、いっか!」とあきらめずに「顔は心の鏡」、前向きに改善の努力を重ねましょう。

何よりも清潔感はあなたの信頼感につながります。好感度が上がると、より良い人間関係が築けることでしょう。さあ、素敵な明るい笑顔を手に入れ、幸運をキャッチするために、簡単なことから実行していきましょう。

 

まとめ

歯が茶色い人は嫌われる!好感度を上げる簡単な5つの方法

・ まず、毎日の歯垢(プラーク)を洗い落としましょう。
・ ステイン汚れがないか毎日確認しましょう。
・ フッ素でエナメル質を保護&強化します。
・ ホワイトニングで気分もすっきり!(ホームホワイトニング&オフィスホワイトニング)
・ その日だけ白い歯にしたい…そんなときは歯のマニキュア!


コメントを残す

Required fields are marked *.