ライフケアナビ

~あなたの生活をより豊かにするために~

ホワイトニングに頼らない!歯を白くする驚きの7つの習慣

| 0件のコメント

ホワイトニングに頼らない!歯を白くする驚きの7つの習慣朝、顔を洗って歯をみがき、鏡を見たら健康的な白く輝く歯がまぶしい…憧れますよね。そんなあなたに是非おすすめ!毎日の習慣が歯を白く変えてくれます。内容はいたって簡単。食事のときと寝る前に7つのことを意識するだけ。

白く若々しい歯の輝きを取り戻すためには、7つのことを理解して意識改革をするのが第一歩となります。ホワイトニングもいいけれどお金も時間もかかっちゃいます。

それに薬品に頼らなくても本来の美しさを取り戻すだけで十分きれいになります。さあ、黄ばんだ歯を毎日の習慣によって生まれ変わらせましょう。きっと効果はあらわれますよ。もちろん歯に自信のある方にとっても白さをキープする秘訣となりますので是非ご一読ください!



 

ホワイトニングに頼らない!
歯を白くする驚きの7つの習慣

 

コーヒーや赤ワインを飲んだら口をゆすぎましょう。


毎日の食事で少しずつ歯はダメージを受けます。例えばコーヒーや、日本茶、紅茶、赤ワイン…どれも着色の原因になります。あとブドウ、チョコレート、もちろんカレーも。タバコはヤニがつきます。

つまり、ほとんどの色のついたものは毎回少しずつ歯を黄ばませている?それは大変、防がなくてはいけません。そこで着色(ステイン)汚れの対策としては飲食後のうがいが有効です。簡単ですね!習慣をつけましょう。

また炭酸水など酸性の飲み物は歯を酸によって溶かします。過剰に摂取すると歯の表面のエナメル質が薄くなり、中心の黄味がかった象牙質が透けてみえてきます。飲んだ後は同様にうがいをしましょう。糖分が口の中に残るのを防ぐためにも効果的です。

 

カリカリしたサラダを食べましょう。


カリカリした繊維質の食べ物は歯を掃除してくれます。ニンジンやセロリなどはステイン汚れを落とし、唾液の分泌を促します。ごぼうや大根などのサラダもいいですね。前歯を使って思いっきり食べましょう。噛めば噛むほど良いですね。

また、ブロッコリーに含まれる鉄分は歯を酸に強くします。食事によって発生した酸は歯の表面を溶かし、黄ばませます。白く強い歯を作るには鉄分が必要となります。積極的に食べましょう。他にはスルメなども歯を丈夫にします。柔らかいものが大好きな現代人はかむ力が弱ってきています。顎の力が弱ると歯そのものも弱ってきます。しっかりと噛んで白く強い歯を維持しましょう!

 

乳製品は歯の栄養たっぷり。


乳製品にはカルシウムが含まれます。歯の健康にカルシウムは欠かせない要素ですし乳酸菌には歯の老化を防ぐ効果があると言われます。ヨーグルトは体調を整える食品としては有名ですね。特にチーズはタンパク質、カルシウム、リン酸が豊富に含まれ、エナメルの再石灰化を促進する効果があります。日本人はカルシウムの摂取量が少ないそうです。意識して食べるようにしたいですね。

 

食後はフッ素入り歯磨き粉で磨きます。


食後のデザートにフルーツを食べると酸の効果で着色汚れが落ちます。リンゴに含まれるリンゴ酸は歯磨き粉にもよく入っていますので効果は認められています。しかし酸ですので取りすぎは禁物です。

実は、酸は歯の表面のエナメル質を柔らかくします。でも大丈夫。再石灰化という唾液の作用によってエナメル質は再び固くなります。唾液の成分であるカルシウムやリンが柔らかくなったエナメル質を固くするのです。

そして、その唾液の働きを助けるのが「フッ素」です。歯を強くし、虫歯も予防します。フッ素はほとんどの歯磨き粉に入っていますので成分を確認して使用してください。

 

デンタルフロスで隙間もすっきり。


歯の隙間にも汚れは入り込みます。普通に磨いていても隙間汚れは落ちません。普段あまりデンタルフロスを使用していない人が使用すると驚きの声が上がります。ゴミの多さと汚さにびっくりするのです。歯のお手入れは見えないところへの気配りが大事です。少々面倒でもデンタルフロスを使って丁寧にお手入れしましょう。なお、歯の隙間が多い方は歯間ブラシを併用しましょう。

 

唾液効果で白く!キシリトール入りのガムが役立ちます。


唾液は歯の汚れを落とし、口の中を健康な状態に戻す働きがあります。唾液が少ないと歯が黄ばむだけではなく、菌の量が増加し虫歯や歯周病にもなりやすくなります。唾液を多くするにはガムを噛むという方法があります。食後に糖分の入っていないキシリトール入りのガムを噛むとよいでしょう。歯の掃除を助けてくれます。キシリトールは歯垢を作りませんしpH値を中和し、唾液の分泌を増加させます。唾液の活発化は白い歯につながります。

 

夜寝る前の歯磨きが重要


夜、寝る前の歯磨きは重要です。虫歯や歯周病は夜、進行すると言われています。ステインによる黄ばみも就寝中に固着化します。ですので特にお酒を飲んだ後も歯磨きだけは忘れずにしてください。夜、使用する歯磨き粉は殺菌力の高いものを選ぶとよいでしょう。また、寝る前に口の中をお手入れしても、就寝中に口呼吸していると口の中が乾いてしまいます。歯の表面は濡れていることによって汚れが着きにくくなっていますので口呼吸は治すよう努力しましょう。

 

いかがでしたか?

白い歯を目標に頑張っていると、体全体が健康になりそうですね。現代はホワイトニングの技術が進み、テレビで活躍する人たちにとっては欠かせないものとなっています。しかし一般人の私たちは見た目や即効性のみにこだわるのではなく、オーラルケア全体の観点から美しい歯を取り戻し、維持する努力をしていきましょう。

 

まとめ

ホワイトニングに頼らない!歯を白くする驚きの7つの習慣

・ コーヒーや赤ワインを飲んだら口をゆすぎましょう。
・ カリカリしたサラダを食べましょう。
・ 乳製品は歯の栄養たっぷり。
・ 食後はフッ素入り歯磨き粉で磨きます。
・ デンタルフロスで隙間もすっきり。
・ 唾液効果で白く!キシリトール入りのガムが役立ちます。
・ 夜寝る前の歯磨きが重要


コメントを残す

Required fields are marked *.